• 中途半端が一番大変? 世帯年収850万円でも生活カツカツ、40代夫婦、子ども2人家庭の経済事情

    国税庁の「民間給与実態調査」(2017年)によればの、給与所得者の平均年収は男性532万円で女性が287万円。子育て世帯は、主に女性が働き方をセーブすることで平均を下回ることも少なくないため、平均額を合算した800万円ほどの世帯年収であれば、ある程度のゆとりがあると考えられる。

    しかし、「中途半端にいい世帯年収だと、意外と生活がキツい」と、共働きで2人の子どもを育てる加藤珠江さん(仮名・40歳)は言う。一体どういうことなのか? 話を聞いた。(取材・文:千葉こころ)

    交際費だけで月9万円! 部下のお祝いでさらに10万円以上が出ていくことも


    内情は大変のようです 内情は大変のようです

    4歳年上の夫は中小企業の課長で、年収は約600万円。時短勤務ながら正社員として働く珠江さんの年収約250万円を合わせると、850万円ほどの世帯年収がある。自宅は双方の通勤に便利な新興住宅地にマンションを購入し、住宅ローンと管理費や駐車場代などを含めた毎月の支払いは15万円ほど。

    6歳と3歳の2人の子どもはそれぞれ公立小学校と認可保育園に通っているため、大きな負担になるほどの教育費がかかるわけではない。それでも「毎月カツカツで、貯金どころではない」と言う理由を、珠江さんはこう語る。

    「出費の多くが交際にまつわるものなんです。主人は課長なので、飲み会やゴルフなど付き合いが多く、部下が一緒だと、多めに払ったりご馳走したりすることもしょっちゅう。毎月6万円くらいは仕事関係の付き合いに消えていきます。それだけならまだしも、部下の結婚や出産といったお祝い事にもお金を包むので、重なった月などは10万円以上がポンッと出ていくこともありますね」

    幾度となく夫に掛け合ったそうだが、「これも仕事の内」「自分だけがやらないわけにはいかない」と聞く耳持たず。珠江さんは「昇進に繋がれば元が取れる」と自分に言い聞かして、もやもやした気持ちを紛らわす毎日だそうだ。ただ、そんな珠江さん自身も、交際にまつわる出費が毎月3万円ほどは必要だという。

    「子どもたちに英会話を習わせているのですが、上の子のクラスでは、レッスンが終わるまで同じクラスのママたちと近くのカフェで待機するんです。ケーキセットがだいたい1500円で、レッスンは週2回なので、お茶代だけで月1万2000円ほどかかってしまいます。ご近所のママ友づきあいもあるし、通勤服もママスタイルもいつも同じ格好というわけにもいかないので、ランチ代や服飾費なども合わせるとそのくらいになってしまいます」

    とはいえ、ママ友づきあいでは、最新の子育て情報や具体的な中学受験のアドバイスなどが得られるため、「子どものためにもおろそかにはできない」そうだ。

    収入に見合ったプチ贅沢を楽しむのは悪いことじゃない

    珠江さんの言うとおり、一般的な子育て世帯に比べれば突出している交際関連費だが、やりくり次第で総額を抑えることもできそうにも見える。しかしそこには、「世帯年収800万円台家庭」という見えない壁が立ちはだかっているとのこと。

    「主人に関しては、職場での立場があります。私にしても、住んでいるエリア的にちょっと裕福かそれ以上の家庭がほとんどなので、お金にせこいと思われるような生活はしづらいんです。そうなると、行動も格好もそれなりのものが必要となってしまいます。それに……」

    ためらいがちに口にしたのは、「夫婦で頑張って働いている結果なのだから、やっぱり相応の生活はしたいじゃないですか」という言葉。

    贅沢ができるほどの年収ではないが、ちょっぴりいい家に住み、そこそこのブランドでおしゃれを楽しみ、子どもの環境を整えてあげたり、たまには家族で外食や旅行をしたりと、プチ贅沢できるくらいのゆとりはある。そこに行き着くまでに犠牲にしたことも少なくないため、「そのくらいの楽しみを求めるのは悪いことじゃないと思うし、働く活力にもなりますから」と、珠江さんは語る。

    周囲にも似たようなライフスタイルの家庭が多く、「自分たちだけが特別なわけではない」という意識も少なからずあるようだ。ただ、理想的な生活水準を維持するには、やはり収入が足りないと感じているようだ。

    「交際費以外にはそれほどお金をかけていない方だと思いますよ。買い物はネットで安値を探しますし、旅行もLCCですし。それでも貯金ができず、こんなに生活が苦しいんだから、世帯年収800万円が高収入とは言えない時代なんじゃないかと思いますね」

    自分たちが働いて得たお金をどう使うかは各自の自由。どの程度の生活が収入に見合っていると感じるのかも自分次第だ。しかし、"プチ贅沢"も積もればプチとは言えない額になるうえ、入った分だけ使ってしまうようではいずれ破綻しかねない。世帯年収800万円台の厳しい状況は珠江さん夫婦に限ったことではないだろう。

    【関連記事】

  • 企業ニュース
    アクセスランキング

    働きやすい企業ランキング