HONDA

購買(国内外・四輪純正オプションパーツの購買、原価企画など)

購買(国内外・四輪純正オプションパーツの購買、原価企画など)

HONDA 直接採用求人
  • 求人情報
  • 企業情報
提供元:

仕事内容

国内・海外のHonda純正オプションパーツの原価企画から量産までのコストプロセスを各関連部門、
取引先と調整を行い、調達先や購入価格の決定等を含む購買業務全般をご担当いただきます。

【募集の背景】
10年後も20年後もその先も、より多くの人々に「移動の喜び」を提供するために、日々進化を
し続けてきたHonda。今回は、さらなるイノベーションを巻き起こすため、社外からも英知を
結集し、これまでにない新しいHondaをつくりあげます。
中でも純正オプションパーツは、純正ならではの質、性能、保証など商品性が高く、
お客様にとってより楽しく、快適にすることで、Hondaのクルマの価値をさらに高めます。
この領域では、グローバル規模でのビジネス拡大を進めており、特に購買部門においては
Honda純正オプションパーツの調達構造を構築、推進する為に新たな仲間を募集しています。

あなたが想像する以上のやりがいと裁量、そして幅広い活躍の場があるHondaで、
一緒にイノベーションを起こしませんか?

【具体的には】
●Honda純正オプションパーツのコスト・金型費等の妥当性検証から最適なM/L(メーカーレイアウト)構築と提案推進 
●良質廉価な原価企画を実践できる、VA(Value Analysis)/VE(Value Engineering)の取引先窓口業務の推進
●日本/アジアをメインとした地域拡大活用出来る調達構造の構築 
●VA/VEの継続・強化による改善原資の創出 
●試作領域(見積もり・M/L決定・決済・支払い)の業務全般推進。

※国内外の自社拠点及び、取引先や取引先生産工場等への訪問頻度の多いミッションです。
※将来的には、多様な用品の担当を経て、新機種開発プロジェクトの購買領域リーダーを経験し、ホンダアクセスの購買部門の統括や海外拠点の購買部門との連携など、活躍の幅を拡大していただくことを期待します。

【商品ラインアップ例】
・エクステリア:フロント/リアバンパー、エアロ/スポイラー、ホイール、サスペンション、フロントグリル等
・インテリア:インテリアパネル、ステアリングホイール、シートカバー、コンソール、ラバーマット等
・電装品:NAVI、オーディオ、室内外照明関連、ドライブレコーダー、ナビ、オーディオ、ETC、リヤカメラ等

【マーケットにおける製品・技術の優位性や将来性】
Honda純正オプションパーツとして、3年・6万キロ保証が出来る技術・ノウハウを投入した製品であり、
一般量販店で購入するいわゆる市販品とは、一線を画す製品である。
部品そのものでなく、クルマそのものの機能・性能を向上させることを目的として、
 車両に組み付けた状態で、その機能・性能を保証出来る開発を行っている。

【この仕事のおもしろさ・魅力度】
●クルマの魅力UPを目的とした商品のコスト・M/L構築業務です。
自動車に関するいろいろな部分を勉強・調査しながら、
その機能・性能・使い勝手・魅力など様々な領域の向上を目指す業務となります。
●自動車の様々な部品・用品に関わることが出来るので、自動車が好きな方にはうってつけです。
自分の手掛けた部品・用品・商品に、個々に値段が付けられ、その売り上げで、
用品・商品の人気の有る無しがダイレクトに分かるため、達成感を得ることができます。
●オプションパーツは、一般的な量産部品と比べると多品種少ロット発注となるため、取引先各社との良好な関係性構築力、調達先や購入価格決定など購買担当としての交渉力をつけることができます。

※ホンダアクセスの詳細情報は【こちら】
※Hondaの中途採用募集職種一覧は【こちら】

募集要項

応募資格
【求める経験・スキル】
●メーカーにおける購買経験をお持ちの方

【上記を満たした上で、下記いずれかの経験/スキルをお持ちの方を歓迎します】
●自動車業界での購買経験
●電装部品、電気・電子部品、樹脂部品に関する知識
●CATIA等による設計図を理解できる方(製図自体はできなくても可)
●英語のコミュニケーションに抵抗が無い方

【求める人物像】
●明るく元気で、物事に積極的かつ前向きに取り組める方
●向上心を持ち主体的に行動し、自らのアイデアで新しい商品価値を提案できる方
●取引先との良好な関係性構築、円滑なコミュニケーションをベースに折衝を図りながら、
コスト精査、仕様調整ができる方
●これまでの経験・知識に捉われず、新しい技術・スキルを吸収することに積極的でそれらを活用できる方
●グローバルに活躍したいという志をお持ちの方
雇用形態
正社員
勤務地
栃木県
○ホンダアクセス 栃木研究所(栃木県芳賀郡)
※将来的に、本田技研工業(株)、(株)本田技術研究所、(株)ホンダエンジニアリング、
 並びに、海外事業所への異動の可能性があります。

【ホンダアクセスについて】
Hondaでは役割ごとに機能分社しており、オプションパーツの企画、商品開発、供給及び販売を
ホンダアクセスが担当しています。
(製造及び販売を本田技研工業、商品開発を本田技術研究所、生産技術研究開発を
 ホンダエンジニアリングが担当)

ホンダアクセスは、本田技研工業や本田技術研究所との強力な連携のもと、
クルマと同期開発・同時発売を行うことで、新規車種のコンセプトに合った商品を新規車種
投入時に提供し、デザイン・機能・品質・販売において、Hondaユーザーを満足させるクルマ
作りの実現を可能にしています。
Honda商品の価値を更に高めるオプションパーツの供給を使命とした会社です。
掲載開始日:2019/08/18 更新日:2019/08/18

HONDA

本社所在地
○ホンダアクセス 栃木研究所(栃木県芳賀郡)
※将来的に、本田技研工業(株)、(株)本田技術研究所、(株)ホンダエンジニアリング、
 並びに、海外事業所への異動の可能性があります。

【ホンダアクセスについて】
Hondaでは役割ごとに機能分社しており、オプションパーツの企画、商品開発、供給及び販売を
ホンダアクセスが担当しています。
(製造及び販売を本田技研工業、商品開発を本田技術研究所、生産技術研究開発を
 ホンダエンジニアリングが担当)

ホンダアクセスは、本田技研工業や本田技術研究所との強力な連携のもと、
クルマと同期開発・同時発売を行うことで、新規車種のコンセプトに合った商品を新規車種
投入時に提供し、デザイン・機能・品質・販売において、Hondaユーザーを満足させるクルマ
作りの実現を可能にしています。
Honda商品の価値を更に高めるオプションパーツの供給を使命とした会社です。
事業内容
事業内容・商品・販売先等
モビリティ(二輪、四輪、汎用製品、ロボット、航空技術など)の研究・開発・製造・販売

本田技研工業株式会社 概要
設立 1948年9月 / 資本金 860億円(2018年3月31日現在)
株式会社 本田技術研究所 概要
設立 1960年7月1日 / 資本金 74億円
ホンダエンジニアリング株式会社 概要
設立 1974年7月1日 / 資本金 36億円
株式会社 ホンダアクセス 概要
設立 1976年8月2日 / 資本金 20億円(本田技研工業株式会社100%出資)

良いものを早く、安く、低炭素でお客様にお届けする
近年、地球規模での環境意識の高まりと、世界経済の構造変化による厳しい環境である今こそ、Hondaの基本思想の「お客様視点」に立ち返り、お客様に喜んでいただける商品を提案し続けることが何よりも大切なこと。「CO2排出量を大幅に低減しなければ、パーソナルモビリティメーカーとしてのHondaの将来はない」という強い危機感を持ち、「低炭素」にはその想いを込ながら、お客様が必要なものをHonda独自の技術や知恵・工夫で魅力的な商品として「良いもの」を、お待たせすることなく「早く」、そしてお客様に「買って良かった」と喜んでいただける価格でご提供するべく、Hondaの次の10年を進んでいく。

掲載開始日:2019/08/18 更新日:2019/08/18

「気になる求人リスト」を使うには、無料会員登録が必要です。

会員登録