• 日本で長時間労働が多い理由!その原因とは

    サービス残業が多い企業や休日が極端に少ない企業は「ブラック企業」と呼ばれることがあります。過酷な労働によって体調を崩す人もいて問題になっていますが、なぜ長時間労働はなくならないのでしょうか?原因を考えていきます。

    目次
    世界的に見ても労働時間が長い日本
    長時間労働になる原因は?
    長時間労働はストレスの原因!適切な対応をしよう

    世界的に見ても労働時間が長い日本

    ブラック企業の特徴を知ろう ブラック企業の特徴を知ろう

    日本は他の国と比較しても比較的長時間労働をしている人が多いと言われています。深刻なケースではうつ病や過労死につながることもあり、ニュースや新聞などでよく取り上げられています。

    かつてのバブル期は働けば働くだけ収入が増えたという人も多く、残業が多くてもおいしい思いができた時代です。しかし、現代では「長時間労働=収入増」とも限りません。サービス残業を強いる企業もあり、労働環境が厳しい割に低収入のため、苦しんでいる労働者も多いのです。

    長時間労働になる原因は?

    長時間労働がなかなか減らない理由としては、例えば以下のポイントが挙げられるでしょう。

    ・やらなくてもいいことに時間をかけている
    仕事の優先順位が明確でなく、優先順位の低い仕事に時間をかけている人がいます。個人で対策できる範囲なら効率化も可能ですが、マネジメントが不十分な場合もあるでしょう。

    ・成果で評価されない
    成果主義(実力主義)の人事評価制度を採用する企業は増えていますが、終身雇用が前提だった時代や年功序列の考えが抜けきっていない企業もあります。仕事をきちんとこなしていても、長時間働いていなければ評価されないということがあるのです。

    ・人手不足
    労働力不足のためにひとり当たりの仕事量が多く、長時間労働が当たり前になっているケースもあります。年代によるバラつきもあるでしょう。新卒時代に就職氷河期だった40歳前後は特に不足傾向にあり、管理職になる人材がいないと嘆く企業もあります。
    また、経営が厳しく、人件費を削りたいために今いる社員にサービス残業をさせてなんとか乗り切ろうとする企業もあるようです。過酷な労働環境では辞める人が増えますが、人員が減っても補充をしない場合があります。そうなると、さらに悪循環になるでしょう。

    ・「長時間労働=がんばっている」という間違った認識
    短い時間で高いパフォーマンスを発揮できる人が本来は評価されるべきですが、いまだに「長く働く人ほど偉い」と考える企業・上司が存在します。上司自身がたくさん残業をしてきたために、その考えを引きずっているという場合もあるでしょう。
    また、自分の仕事は定時までに終わっているのに、誰かが残っていると帰りづらいような空気を醸し出す企業もあるようです。

    長時間労働はストレスの原因!適切な対応をしよう

    労働者の健康を守るために、法律で労働時間の上限が設けられています。原則として1日8時間、週に40時間を超えて労働させてはいけないということになっており、これを超える場合は36(さぶろく)協定を結ばなくてはいけません。そして、36協定にも時間外労働の上限があります。勤め先の企業はきちんと法律を遵守しているでしょうか。体を壊してから後悔するのでは遅いので、無理はしないようにしましょう。

    会社を変えるのはなかなか難しいことですが、自分の意識を変えることで残業を減らせるケースも多いものです。まずは効率化を図ってみましょう。企業の労働環境が悪く、かけあっても改善されない場合は、労働基準監督署に相談する手もありますし、思い切って転職したほうがいいこともあります。

    キャリコネには、さまざまな企業の社員・元社員が投稿した口コミデータが掲載されています。無料登録をすれば閲覧できるので、参考にしてみましょう。また、「労働時間の満足度」に関する企業ランキングも公開しています。自分が置かれている労働環境と比べてみてください。

    キャリコネに寄せられたブラック企業の実態を一部紹介!
    キャリコネに寄せられたブラック企業の実態
    この他にもキャリコネならブラック企業の口コミが満載!

    キャリコネなら
    60万社の口コミ
    見放題!

    無料登録して
    口コミを見る
     

    【関連記事】

  • 企業ニュース
    アクセスランキング

    働きやすい企業ランキング