• フジテレビの連ドラ「ブラック・プレジデント」 面白いけど「ブラックじゃない」の声

    ブラック企業の社長が主人公となる「ブラック・プレジデント」が4月8日、フジテレビ系で始まった。初回視聴率は8.3%とそこそこといった数字だが、ネット上では「面白い」と評価する声が多かった。

    舞台となるのは、従業員1200人を抱える「トレスフィールズインターナショナル」というアパレル企業だ。社長の三田村幸雄を、俳優の沢村一樹さんが演じている。

    従業員に「激詰め」や「サビ残強要」

    「死ぬ気でやれ!」「憎まれても、勝てばいいですから」
    「人間泳ぎ続けなければ、沈むだけですから。俺も泳ぐから、お前たちも泳げ」

    三田村はそうした言葉で、社員を引っ張って会社を大きくしてきた。ドラマには、ブラック企業的な描写がいくつか出てくる。店長とのビデオ会議では、厳しい表情でこう「激詰め」する。

    「上四半期の売上目標75%しか達成できてないな」
    「目標設定に無理があるとか言って、負け犬になる気じゃないだろうな」

    店舗の抜き打ち視察では、無理にフロアのレイアウト変更を命令し、従業員が徹夜でサービス残業をさせられる。結局、その従業員は「残業代未払い」「不当労働」で訴訟を起こしてしまうが、三田村は冷徹にこう言い放つ。

    「最近の若い連中ときたら、何の努力もせずにカネをよこせだと? 何を勘違いしてんだ!」

    コミカルな描写に「面白い」「絶妙」の声も

    とはいえ、ドラマはそうした描写ばかりではない。三田村はちょっとした思いつきで大学に入る。経営学の新米講師である秋山杏子(黒木メイサ)や、所属することになった映画サークルの学生とのやりとりにはコミカルな部分が多い。

    現実には、ブラック企業は深刻な問題だ。しかしそうしたコミカルな描写と、ブラック企業的な描写のバランスが取れていたからか、ツイッターでは「面白かった」という声が多かった。

    「ブラックプレジデント 面白かったー最近、仕事について 色々考えてたとこだったから 尚更考えさせられる内容だった」
    「沢村一樹の怪演を楽しむドラマ。観る人によって無神経にも痛快にも聞こえるあの台詞回しは絶妙ですな」

    ただ、あえてブラック企業的な側面を薄めているのでは、という意見もあった。確かに社員に「期待してるよ」と笑顔を見せたり、秘書に気遣いを見せるなど、真っ黒なブラック企業の社長とは違うような感じもする。

    「小気味いいよね、ああいう社長。全然理不尽なブラックじゃない」
    「ブラック・プレジデント割と呑気で割といい人にしか見えんな 毒が薄い」

    社長のキャラモデルは「脚本家」?

    「ブラック・プレジデント」の公式ツイッターは、ドラマで描きたい「ブラック企業の社長像」について、こう説明している。

    「ブラック企業の定義は難しいところですが、社員の酷使や使い捨てをシステム化した企業と、経営者が熱すぎるあまり社員がついていけない企業の大きく2種類があると思います。このドラマで描きたいのは後者です。是非、ご意見くださいませ!」

    ところで、三田村社長のキャラクターは誰がモデルなのかという点が気になるが、視聴者からは「あの居酒屋チェーン創業者では」という声もある。しかしYouTubeの公式動画によれば、脚本家の尾崎将也氏と、制作会社のT氏がミックスされたものだそうだ。

    【関連記事】

  • 企業ニュース
    アクセスランキング

    働きやすい企業ランキング