• 生活保護は受けない! 1円を争う「外こもり的生活術」【外こもりのすすめ(5)】

    海外で「1秒も働かない」外こもり生活を送っている貧BPさん。

    第4回「持て余す圧倒的な『退屈』」では、その生活の先に待つ「不安」や「怯え」といった、彼のホンネに迫った。しかし、働かずに毎日を過ごせる楽しさもある。今回は彼に、 働かずに過ごす節約生活のための「裏ワザ」を聞いてみた。やはり話題には「お金」や「将来の不安」が話にのぼる。

    「1円でも余分なお金を使わない」方法とは?

    資金150万円弱で「外こもり生活」を始めた貧BPさんにとって、節約は至上命題だ。とにかく「1円でも余分なお金を使わない」ことにこだわる。

    「例えばたいていのゲストハウスにはランドリーサービスがあるんですが、これは有料なので自分で洗濯します。日本円にしたら100円ほどなんですが(笑)」

    物価は安いが、それでも妥協はしない。それは外貨への両替のときも同じだ。必ず、現金で両替を行うという。

    「一番レートがいいのは現金の両替ですし、多少の融通もききますから」

    ある一定の額の現金を持ち、残りは邦銀二行に分散して預金している。そのお金は航空券を買う際など、クレジットカード決済の時にだけ使っているという。

    「あとは田舎に滞在するというのもひとつの手です。遊ぶ場所がないと、お金を使いませんから」

    田舎に行くと宿泊費、飲食費込で一日5ドルもかからない街もあるという。ただし、刺激は一切無い。

    しかし、どうしても必要な出費がある。代表的なものが病気だ。しかしそのリスクも、海外の病院でかかる金額を保証してくれるクレジットカードを使うことで回避している。

    なかには一回の「旅行」につき三ヶ月の保険が付き、いったん日本に帰国するとリセットされるものもあるという。お金に余裕がある「外こもり」はこのカードを持ち、三ヶ月に一度の帰国をしているそうだ。

    ちなみにLCCを使うと、バンコクから日本まで片道1万円という時もある。

     

    株やFXには「才能がない」

    しかし、貧BPさんにはそんな余裕はない。なにせ「1秒も働きたくない」のだ。では、全く収入がないのかといえば、少し違う。実はここ一年の収入は10万円ほどあった。これはETF(上場投資信託)の売却で稼いだものだ。外こもりに出る前に購入していた。

    「他にブログのアフィリエイトで毎月数百円を地道に稼いでいます。ただしもっとも収益率の高いGoogleアドセンスが理由もわからないまま停止させられてしまい、本当に困っています」

    働かずに稼ぐのは、難易度が高い。

    かつては貧BPさんも株で一儲けしようと考えたことがあった。しかしそれはことごとく裏目に出てしまった。

    「昨年の衆院選の際、何があるかわからないと40万円ほどの保有株をすべて売却しました。持ち続けていればアベノミクスの株高で倍近くになった計算です。そういうチャンスを見逃してしまうこと自体、才能のなさだと痛感しました」

    FXにも何度も挑戦したが、100万円近い損失を出してしまった。外こもり資金1000万円を貯める計画は台無しで、いまは株もFXもやっていない。 彼と違い、デイトレに精を出している外こもりもいるらしい。ただ、自分からいくら儲けたという話は一切しないので、詳細は分からない。

    生活保護では「なんのために生きているか分からない」

    外こもり仲間とは毎日のように、「これからどうするかな~」「働きたくないな~」という会話が繰り返されるそうだ。建設的な話は一切出ない。

    それでもこのままでは、いずれ資産は枯渇し、帰国しなくてはならない。

    「日本に帰ったら働き口を探すと思います。万が一生活保護をもらえたとしても、アパートに一人で住み、遊びに行くお金もなく、寂しい人生を送るだけです」

    生活保護をもらう限り、海外には行けない。そんな人生は「死にはしないけど、なんのために生きているのかわからない」と断言する。

    海外に行けば、外こもりならば、色々な人々と毎日のように出会えるし、一箇所に飽きたら国を変えることも出来る。自由度は段違いに高い。だから辛くとも、「外こもりのために働く」と彼は言う。

    しかし、アラフォーで特別なスキルも無ければ今更仕事は選べない。

    「もちろんホワイトカラーの正社員なんて夢のまた夢。短期で大金を稼げる仕事ということになるでしょう。その筆頭は自動車工場の期間工ですね。他に考えているのは新薬の治験のバイトです。うまく一ヶ月程度の連続宿泊の案件に入れれば、30万円ぐらいは稼げます。これだけあればアジアで1年暮らせますよね」

    仮にいったん帰国して、死ぬほど嫌な労働に従事することになったとしても、彼の外こもりへの情熱の火が消えることはない。

    (第6回につづく) 

    本連載は、外こもりの中でもひときわ異彩を放つ「貧BPの人生オワタ\(^o^)/旅」という大人気ブログの書き手である貧BPさんに取材し、考え方や行動などを再構成し、一つの突き抜けた生き方を提示するもの。けっして働くことを否定する内容ではない。なお、貧BPという名前は、外こもり専用掲示板のハンドルネームに由来する。貧しいバックパッカー、略して貧BPである。

    [恵比須半蔵(えびすはんぞう)/ ノンフィクションライター]

    (最新の記事は @kigyo_insiderへ)   

    【関連記事】

  • 企業ニュース
    アクセスランキング

    働きやすい企業ランキング