総合評価 3.0 /5.0 レポート数 4

国立国会図書館の評判総合情報ページです。国立国会図書館の社員や元社員による国立国会図書館の転職・就活に役立つ情報を掲載しています。転職先を探すのに役立つ情報を探すならキャリコネで!

国立国会図書館への転職に興味がある方へ
転職エージェントに無料相談

国立国会図書館働きやすさ・平均年収・残業時間について

総合評価
3.0
平均年収
372万円
世代別
最高年収
20代
372
30代
--万
40代
--万
月の残業時間
平均--時間
月の休日出勤
平均--
有休消化率
平均75%

キャリコネユーザーの投稿データから算出

国立国会図書館口コミをテーマ・職種から探す

テーマから口コミを探す

  • すべて
  • 報酬
  • 働く環境
  • やりがい
  • 出世
  • ライバル企業
  • 残業・休日出勤
  • 長所・短所
  • 退職理由
  • 転職後のギャップ
  • 女性の働きやすさ
  • 経営者の評価

職種から口コミを探す

国立国会図書館テーマ別口コミ

国立国会図書館職種別口コミ

国立国会図書館おすすめの年収・給与明細

国立国会図書館転職・中途採用面接

  • [国立国会図書館] 20代前半女性の転職・中途採用面接

    • 応募した部署:情報サービス
    • 職種:その他
    • 2012年度
    選考期間:1週間
    応募
    応募時の年収
    200万円
    入社
    入社後の年収
    200万円

    面接官にされた印象的な質問と回答(面接官:社長、役員)

    職員数とどんな部署があるか。一日のレファレンス件数など、図書館を理解していないと分からないことがあった。

    前職も図書館勤務だったので、その時の部署を答えた。レファレンス業務は一日の来館者数から概算で計算し答えた。

    投稿者からのアドバイス(応募理由、応募準備、面接プロセスなど)

    臨時職員だったが、3回の面接があった。班長や役員の方との複数との面接を行った。とても厳しい雰囲気だったが、一人ひとりを真剣に評価しようとする様子で、メモを取りながら話を聞いてくださったのが印象に残っている。

国立国会図書館関連記事